宮崎市 エストレジャー有限会社 | スタッフ紹介

宮崎市 エストレジャー有限会社 | エストレジャーで働くスタッフは、日々どんなことを感じて生きているのか?実際にエストレジャーで働くスタッフに話を聞いてみました。

スタッフ教育、マナー研修をしながら現場もこなすオールラウンダー | 石井 奈穂子

Profile
宮崎市生まれ/キャリア9年/2014年入社(経営移行前の宮崎第一ホテルから勤務)


私はエストレジャー有限会社が、この宮崎第一ホテルを買収する前からこのホテルで働いていました。多くの宮崎在住の方の、当ホテルに対するイメージはあまり良いものではないと思います。実際、当時の宮崎第一ホテルはイメージそのままでした。
大山(エストレジャー有限会社代表取締役)が関わるより前の当ホテルは、スタッフの仕事に対する考え方も甘く、ダラダラと働いていました。
業務もいま考えると適当だったと思えます。それがエストレジャー有限会社に運営移行されたらガラッと変わりました。

例えば、スタッフ教育が全体に行き届き、接客の意味や価値を統一するようになりました。
仕事の時間はしっかり働いて、無駄な残業をしないように勤務中にテキパキ動くようになりましたね。メリハリがあります。

よって、大山の目指している方向性についていけない人や、仕事でラクをしたい人は辞め、
考えに賛同した者が残ったという流れになります。現在私は、主任としてスタッフの教育、マナーの指導、フロント業務などを担当しております。

ホテルで働くというのは、接客が大変そうであるとか、勤務時間が長いという印象があるようですし、
他のホテルはそうなのかもしれません。エストレジャーは勤務時間も時間通りで終わらせるよう実行していますし、
有給休暇もちゃんと消化してしっかり休もうという文化が生まれてきています。

ホテルの経験が無いから…と躊躇する必要もありません。弊社は資格も経験も無いスタッフばかりで構成されています。
入社してからの研修も充実していますし、私もスタッフ教育に携わっていますが、
スタッフの性格に合わせて指導するよう意識しています。とにかく、一番は素直であること。
私がいないときでも、ちゃんとやってくれる方。お客様を喜ばせたいという気持ちがあれば、
ストレスなく自分の能力を仕事で発揮できると思いますよ。資格・経験などはまったくいらないのです。
スタッフ紹介


↑このページのTOPへ


エストレジャーのバックヤードを笑顔で支える | 松永 弘子

Profile
宮崎市生まれ/キャリア3年/2014年入社


エストレジャーがマンション管理業務をおこなっていた頃から働いています。
その時はマンションにあったコンシェルジュルームが仕事場でした。入社して半年経ったときに、
「宮崎第一ホテルを取得するから、そっちで働かないか?」と社長に声をかけて頂き、現在は当ホテル内で経理・総務の仕事をしています。

エストレジャーとの出会いは仕事を探すために行ったハローワークでした。
面接は大山(エストレジャー有限会社代表取締役)が担当してくれたのですが、その時、『母親にやさしい職場』だなぁという印象を抱きました。
他の会社の面接では、「子どもが病気になったらどうするの?」と聞かれることばかりでした。
つまり、「子どもが病気になって急に休まれたりしたら面倒だけど貴方は周りに協力してくれる親とかいるの?」という
確認なんですけれども、エストレジャーだけは、そのことについて一切聞かれませんでした。
逆に私のほうが心配して、「子どものことは聞かないんですか?」と質問したくらいです(笑)。

私には四歳の娘がいるのですが、入社した後も時間の融通を利かせてくれたり、
まだ子どもが小さいためにいまは週4で働かせてもらっています。子育て世代は働きやすい環境を用意してくれていると思います。

社長の大山は見た目通り優しいですし、仕事を任せてくれるのでやりがいも大きいです。
また、自分が感じたことを「こういうのどうですか?」というように意見が出しやすいところもあり、
宮崎にこんな働きがいのある会社があったんだと思っています。
また、社長の業務指示の仕方も、「ゴールだけ提示し、やり方はスタッフで考える」ということが多いです。
ですので、指示待ちタイプでなければ、仕事の能力もどんどん身につきますし、やいがいも大きいです。

私もそれまでに社会人経験が浅かったのですが、マナー研修や茶道研修などを半日ほどかけてしっかりやってくれるので、
後からどんどん社会人としてのマナーやスキルも身につきますし、私は研修の日がとても待ち遠しいです。
スタッフ紹介


↑このページのTOPへ


3人の息子たちの子育てに奮闘中 | 福岡 さやか

Profile
宮崎市生まれ/キャリア5年/2012年入社


Profile
宮崎市生まれ/キャリア5年/2012年入社

エストレジャーがマンション管理業務をおこなっていた頃から働いています。
当時は、社長の大山(エストレジャー有限会社代表取締役)と実質2人で業務をおこなっていました。当時は空き時間さえあれば、社長と電話対応などのロールプレイングをおこなっていました。

エストレジャーとの出会いは求人誌です。当時1歳の子供がいた私は、働く条件として、「事務・接客業」「自宅の近く」「子供に何かあれば休みをもらえる」ということを考えており、何社か面接をしたのですが、どの企業も「仕事を優先してほしい」と遠回しに言われ、まだまだお母さんが働きやすい職場は少ないのだと半ば諦めていました。

そんな中、エストレジャーの求人を見つけ面接に臨んだのですが、大山の返事は「全然問題ありません」とのこと。実際に働く中で、子供が体調を崩したりして休んだり早退したりするという場面が出てきました。遠慮気味に大山に伝えると「お子さん大丈夫ですか?心配ですね。早く行ってあげて下さい」と、逆に子供のことを心配してくれるのです。「本当に休めるんだ」と驚いたほどです。

当時の業務は、主に管理している不動産の管理や接客を主に行なっていたのですが、特に楽しみにしていたことが、マンションのエントランスを季節のイベントごとなどに合わせて装飾することです。例えばハロウィンやクリスマス、お正月といったイベントなどに合わせ毎月装飾を変えていきます。
それをきっかけで装飾にハマってしまい、今では自宅でも息子の写真などに装飾したり、部屋の装飾をしたりしており、特にマスキングテープにはお世話になっています。もともと無趣味だった私の今でも熱中している趣味です。

その後、1人2人とスタッフが増えていったのですが、子育て真っ最中のお母さんばかりでした。それぞれ子育ての楽しさ・大変さを知っているので、スタッフみんなで協力して子育てに奮闘していたように感じています。

宮崎第一ホテルで働くようになってからも、その習慣は続いており、みんなが家族のような関係で、会社の忘年会にはお母さんが出席しやすいよう、お子さんを連れて参加できるようになっています。
その影響か、スタッフ全員が私の子供たちを知っているので、仕事中子供に何かあったら「○○ちゃん(くん)大丈夫ですか?」と優しく送り出してくれるのです。

社長の大山には、溺愛している姪っ子さんがおり、子育ての話をしている時には楽しそうに彼女の話をしてくれますし、常に共通の話題を見つけ積極的に声をかけてくれます。その中で、スタッフの抱える悩みや、やりたいことなどを聞きながら全員で会社をよりよくしていこうと努力される方です。

働くお母さんにとって、こんなに働きやすい職場は他にないと思います。実は私自身すでに産休を2回取得しています。
今では元気な男の子3人の育児に奮闘しながら仕事と家庭の両立を楽しめています。
スタッフ紹介


↑このページのTOPへ


お客様目線のサービスを常に考える | 横尾 美幸

Profile
宮崎市生まれ/キャリア3年/2014年入社


エストレジャーがマンション管理業務を行なっている時から働いています。それまで不動産関係で働いた経験もなく、入社当時は慣れないことの連続でした。働き出して社長の大山(エストレジャー有限会社代表取締役)の考え方は、私の知っている不動産会社のイメージと全く異なるもだと感じました。入居者との距離が非常に近く、一言で言うと、世話好きの寮母さんのような付き合い方をしていたのです。
当初、私はそのような大山の考え方に共感する反面、入居者に対しそこまで踏み込んだ付き合い方をしては逆効果でないのか?怒られるのでは?と反発することも多々ありました。しかし、経験を重ねるうちに大山の考え方が理解できるようになり、入社当時は見えなかった“お客様が求めること”がなんとなくですが見えてくるようになったのです。
その時初めて、「大山はあの時これが言いたかったのか!」と理解できた気がしました。

エストレジャーとの出会いは、先にエストレジャーに入社していた福岡の紹介でした。前職を辞め新しい職場を探していたのですが、以前から友人だった福岡からママが働きやすい職場で社長も人柄も良く育児に対しても理解を示してくれるからオススメだと言われたのです。自分の職場をそこまで自信を持って友人に紹介できる職場というものに魅力を感じ入社を決意しました。

入社後に感じた社内の雰囲気は、福岡から聞いていた以上に良いものでした。社長の大山自身も積極的にスタッフとコミュニケーションをとり、意見の飛び交う風通しの良い職場だなと感じました。また、印象的だったのが事務所の整理整頓です。来社されるお客様の目につかないようなバックヤードまでお手入れが行き届いていました。これは今の宮崎第一ホテルにも活かされています。

働き出して分かったことがあるのですが、私たちは経験を求められているのではないと感じます。必要なことは素直さと会社をもっと良くしたいという前向きな考え方だけだと思うのです。私自身全く経験のない業種でしたが、研修も充実しており今では生け花や茶道などもできるようになりました。働きながら経験を積み、少しずつ成長していければ良いと思います。その中で、「もっとこんな風にしたい」という前向きな意見があれば、どんどん意見をして下さい。大山に直接伝えることもできますし、先輩方へ相談するのも良いでしょう。大山は良いと思ったことは失敗しても良いからまずは実践しようという考えを持っていますので、自分の考えが会社全体の方向性になることも十分あり得ます。

そのような大山の柔軟な感性が私たちスタッフのモチベーションを上げてくれ、やりがいを感じているところです。まだまだ私自身未熟ではありますが、スタッフみんなで助け合える職場であり続けるために何をするべきか考えながら仕事をしていきたいと考えています。
スタッフ紹介


↑このページのTOPへ


 


(C) ESTRELLA